So-net無料ブログ作成
検索選択
▼震災 ブログトップ
前の7件 | -

国連防災世界会議 [▼震災]

1978.6.12  17:14 
宮城県沖地震発生
マグニチュード7.4 最大震度5強
 
まじょ 高校1年生の時だった
部活帰りバス停でバスを待っていると
友達とまじょの間の地面に0.5mほどの亀裂が入り
お互いに手と手を取り合い その亀裂を飛び越え
怖々歩いて家まで帰った
幸い倒壊している家はなかったものの
あちこち屋根瓦が落ちていたり
石塀が倒れていたり
本当に怖かったのを覚えている

そんな中 たたずむ我が家を見て涙がこぼれた
が 家の中は
倒れた家具や割れた食器で ぐちゃぐちゃ
母とまだ幼い妹が 呆気にとられポツンと座っていた
何より 無事で良かった
あたしがしっかりせねば!!!

その後 母と2人 家の中を片付けつつ
懐中電灯やラジオ 電池などを探したり
給水車へ水を汲みに走ったり
考える間もなく動いていたことを思い出す
当時は大地震に対する準備なんて
まるでしていなかったし
何もかもが初めての経験
とにかく必死だった

あれから33年後
2011.3.11 14:46
東日本大震災発生
マグニチュード9.0 最大震度7

2011.4.7  23:32
東日本大震災余震
マグニチュード7.4 最大震度6強

まさか 人生で3度も こんな大きな地震に遭遇するとは
なんだろねぇ・・・・

でもね やっぱり人は学ぶんですよ
高校生の時に一度体験しているだけあって
必要なものだったり 何からどうする?の順序だったりは
ほんの少しでも頭の片隅にある
もちろん防災グッズや 水 お風呂の水は汲み置きなどなど
地震に対しての準備はそれなりにされているわけです

やはり経験するってことはホント凄いですねぇ
でも 大地震なんてもんは
そうそう経験できないんですよね
だからこそ 経験者の話に耳を傾け
この時期に流れる映像などに目を向け
防災に対する準備を整えておくことが大切なんですよねぇ

さて本題はここから←前置き長過ぎだろ[たらーっ(汗)]
明日3月14日から
『国連防災世界会議』が開催されます
各国からたくさんの方々が参加され
我が街仙台は防災の博覧会場になります
もちろん 一般市民が参加できるイベントもあるそうなので
是非とも足を運び 発信される経験や教訓から 
防災に対する知識を深めたいと思います!
みなさんもいかがですかぁ・・・ww
              本題みじか[たらーっ(汗)]

[位置情報] 国連防災世界会議 → WEB


nice!(10) 
共通テーマ:日記・雑感

震災4年 [▼震災]

2015.3.11
今年もこの日が来ました
2011年以来 特別な日になってしまった3.11
特別な日に 変わらない朝を迎えられること
心から感謝します

あれから4年
最近の地元のニュースを見ると
かさ上げ工事進む
災害公営住宅へ入居
JR女川駅開業など
復興への兆しとみられるものも多くなり
少しだけ気持ちが上がる
しかし まだ
仮設住宅などでの生活を余儀なくされている方は67805人(県内)
完成した災害公営住宅は15000戸あまりのうち2958戸
実に全体の19.1% 復興は道半ばだと言う報道に驚愕する

仮設住宅での先の見えない暮らしに不安が絶えない方
津波で流された行方不明の家族へ思いを馳せる方
まだまだ前へ進めずにいる方はたくさん
4年の月日は いったいどれだけの心を
救ってくれたのだろう・・・


年明け早々 ジュニアが28歳になった
誕生日に ある方からプレゼントが届いた
津波でご子息を亡くされた方からのプレゼント
丁寧に添えられた手紙には
『お誕生日おめでとうございます
いつも勇気と明るさを頂いています
勝手ながら我が子のように思っております
これからも宜しくお願いします』
そう書かれていた

ご子息はジュニアと同じ年齢
同じ息子を持つ母として涙が止まらなかった
有難かった
我が息子に 少しでも笑顔のお手伝いが出来れば・・・


人の想いはいろいろである
時間が解決すること しないこと
消え去る想い 募る想い
その想いは 誰にもコントロールできない
ただただ願うは 
どうぞみなさま 健やかにお過ごしください


最後になりましたが 今年も・・・
本日 3月11日 お誕生日を迎えられたみなさま
お誕生日おめでとうございます



2015.3.10現在(宮城県内)
震災による死者・・・・・・・・・・・・・・9539人
震災による行方不明者・・・・・・・・1249人





 

・・・続きを読む


nice!(12) 
共通テーマ:日記・雑感

戻るよ。。。 [▼震災]

先週 アチコチ病院通いをしていたまじょ
1月、2月と 結構ハードに動きまわっていたせいで
ポンコツ体にガタがきた[たらーっ(汗)]
そんなある日 とある病院の待合室で

「ア―――ッ!!!なんでココにいるぅ???」と
叫んでる男性の声
???
「ア―――ッ!!!Sさん!!!Sさんこそどうして???」
イイ歳した 男子と女子が 
どこまでも聞こえるような声で[あせあせ(飛び散る汗)]
しかもココは病院の待合室
すかさず 看護師さんに睨まれる~~~[ふらふら]

何年振りだろう
あれは 現場事務所で一緒に働いてた以来・・・
イヤ待てよ
どっかの交差点で 車が隣り合わせて以来だから
かれこれ 10年振りぐらいかなぁ
お互い一目でわかるって 変わってないってことなのか?ww

2011年以来 久々に再会した相手にまず確認すること
「地震大丈夫だった?」 (ここ仙台では コレ案外主流)
そう言えば Sさんの自宅は 東松島だったはず
「ご自宅大丈夫でしたか?」といつものように聞いてみると

「あ~~~ 母ちゃん流されて亡くなったわ」と
ビックリなんてもんじゃない答えが返ってきた
あんまりあっけらかんと言うもんだから思わず
「ウソでしょ」なんてアホなこと言ってもうた
詳しく聞けば
あの日家に1人でいた奥様
津波に建屋ごと流され
ぐちゃぐちゃになった居間で見つかったらしい
Sさんの奥様・・・
そう言えば現場事務所で働いていた頃
いつもご自分で漬けた漬物を差し入れてくれた
それがもの凄く美味しくて 事務所のみんなに大好評だった
あの時のSさん めちゃめちゃ得意気だったことを覚えてる
震災後 Sさんは仙台市内に住んでいた娘さんのところで
生活を共にしているとのこと
「娘も息子も無事だったから まだ良かったんだぁ~」
すっかり立ち直った風に 笑顔で話してくれた

震災から4年 Sさんの自宅は更地になり
今は嵩上げ工事の真っ最中だと言う
そしてSさんはこう続けた
「俺は 東松島に戻るよ!どんだけ時間がかかっても絶対戻る!
俺の家はあそこしかないから!!それまでは仕事も引退できんわ」

Sさんの目はとても力強く そして笑顔は本当に眩しかった
一日も早く Sさんが 奥様と暮らした東松島に戻れる日が来ること
心から願わずにはいられない
頑張ってる Sさんに 敢えて言いたい
Sさん 頑張れ~~~~~!!!


nice!(5) 
共通テーマ:日記・雑感

最後の卒業式 [▼震災]

卒業式があちらこちらで行われている中
4年前の今頃を思い出す

ジュニアの最後の卒業式は 日本武道館で行われるはずだった
小学校から18年間続いた 学生生活 最後の卒業式

せっかくの晴れの日だから
前から一度泊まってみたかったあのホテルに予約を入れ・・・
あそこで食事して・・・ 贅沢に過ごすよぉ~なんて
息子よりも 母の方が ずっと楽しみにしていた

その全ては一つも叶わずに終わった
2011.3.11 に起きた東日本大震災によって

そんな人 沢山いるよね
あんな事があったんだもの
もっと もっと 辛く大変な思いをしてる人は
沢山いるわけだし
卒業式に出られなかったぐらい・・・
なんて 自分で自分を慰めた

でも・・・
今だから言うけど 本当に淋しかった
ジュニアはひとりっこ
一応人生最後の卒業式だったわけだから
まじょ いよいよ子育てにピリオド!って感じで
ちょっとだけ感慨深いものがあったりして

ホテルをキャンセルしながら すこーし凹んだ
そんな人 沢山いるよね
沢山いても 淋しいものは淋しいんだよww

そんなわけで
まじょの子育ては
なんともあっけなく終止符を打った
まぁ これもまた人生
まじょらしいって言えば 確かにそうである


2015年・春 
ご卒業を迎えられる皆さま
おめでとうございます!


nice!(4) 
共通テーマ:日記・雑感

あの場所・・・ 2014年・秋 [▼震災]

2014年・秋
今年も荒浜地区へ行って来ました

昨年までとは違い 立入禁止区域が増え
あちこち工事の手が入っておりました
これも 一歩ずつではありますが
復興へ向かっていることだと思います


春に訪れた時は 波打ち際まで行けたのですが
今は復旧工事のため立入禁止となってました
2014-09-24 10.40.48.jpg
2014-09-24 10.45.59.jpg
2014-09-24 10.44.26-1.jpg


ここは 家屋が流され更地になっていたところですが
こんな建物が新しく建っておりました
2014-09-24 10.47.06.jpg
2014-09-24 10.49.14.jpg

敷地内には 震災時の写真が展示されていました
2014-09-24 10.48.13.jpg


荒浜小学校には 避難場所の看板が
2014-09-24 10.56.05.jpg


穏やかな陽射しの中 釣りをしている方を発見
2014-09-24 10.54.12.jpg
こんなところにも ちょっとだけ復興の兆しが見えるのではないでしょうか

仙台新港界隈の浜辺にはたくさんのサーファーが
2014-09-24 11.27.48.jpg


被災地は 本当に少しずつではありますが
着実に復興に向け 歩みを進めていると思います

とは言え まだまだ・・・
まだまだ被災地の方々が 
震災前の生活を取り戻すには時間が必要です

どうぞみなさん 忘れないでください


nice!(5) 
共通テーマ:日記・雑感

3年 [▼震災]

2014.3.11
いつもと変わらない朝に 感謝します

東日本大震災から3年
あれから 3年となる
もう3年・・・
まだ3年・・・
思いはいろいろ・・・

・・・・・・確か昨年も同じようなこと書いたっけ


ジュニアが報道という仕事に携わってからも3年
彼を通じて 被災地の様々を耳にする
子供の頃から どこまでも ポジティブで明るい息子だ
その子が語る
「本当の復興はまだまだかもしれない
でも 被災地は明らかに変わってきている
あんなにあったガレキの山が
キレイさっぱり片付けられたんだ
あんなにあったガレキがだよ!
それだけでも 復興だよ!」
ガレキは 被災地の方の生きた証
もちろん 彼もわかっている
感傷に浸るではなく 敢えて復興とする
彼の言葉に ちょっとだけ希望をみた

彼はこうも言う
「とにかく 被災した人に 家をあげて欲しい
そうすれば きっとみんな 前に進めるんだから!」
県内の仮設住宅で生活している方は 86718人
対する 災害復興支援住宅の進捗状況はわずか1%
未だ厳しい現実


震災による裁判もまだまだ続いている
七十七銀行女川支店
ひより幼稚園
大川小学校
    ・・・・・・etc
それぞれの遺族の思いが
納得できるものとなるように願うばかりだ


3年・・・
響きは まるで『区切り』のよう
お願いですから
『区切り』なんて言わないでください
被災地に『区切り』なんてないんです
まだまだ たくさんの方々が
厳しい現実と 闘っています
前に進むために 闘っています
どうぞ わすれないでください



最後になりましたが・・・   今年も[exclamation] 
今日 3月11日お誕生日を迎えられたみなさま
お誕生日おめでとうございます[バースデー]


2014.3.11現在(宮城県内)
震災による死者・・・・・・・・・・9537名
震災による行方不明者・・・・1280名


nice!(11) 
共通テーマ:日記・雑感

1000日 [▼震災]

2011.3.11より
今日で1000日目になる

まだ1000日と思う人
もう1000日と思う人
思いはそれぞれに違う

ただ1つ 一様に言えることは
復興はまだまだである
1000日も過ぎたのに まだまだなのである

今日現在
災害復興住宅の建設状況は 計画のわずか1%
1%って・・・[たらーっ(汗)]

被災地の市場でお店を営む女性が
「自分が頑張れば復興する!そう思って頑張ってきたけれど
決して頑張りと復興は比例しないと言うことがわかった」
そうポツリと語った
その言葉が 淋しかった

頑張ってる人々の思いを無駄にしないためにも
目に見える形での復興が大切なのではないだろうか


忘れないで欲しい
まだまだ まだまだ 頑張っている人がたくさんいることを
まだまだ 現状を受け入れることが出来ずもがいている人がいることを
そして みんな生きています

どうかみなさん 忘れないでください
まだまだです
被災地はまだまだです



2013.12.5現在(宮城県内)
震災による死者・・・・・・・・・・9537名
震災による行方不明者・・・・1298名


nice!(6) 
共通テーマ:日記・雑感
前の7件 | - ▼震災 ブログトップ

まじょの部屋